1. トップページ
  2. 小児歯科について

名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックの小児歯科について説明します。


名古屋市 千種区 今池の歯医者 今池デンタルクリニックの小児歯科では、 「小さな子供の歯が良い成人の歯になるように、しっかりとしたケアを」という思いで歯科治療に取り組んでいます。

歯や歯肉だけでなく、お口の働きもみていきます。
よく、小児歯科は、何歳から何歳まで?と質問されますが、赤ちゃんから中高生の方もカバーしています。

赤ちゃんは乳を飲んでいる時期と、離乳開始後の時期では、お口の中、舌や唇、筋肉の働き方も大きく違って
きます。お子様は2歳半前後になると、20本の乳歯がはえそろい、6歳臼歯といわれる永久歯が5歳半から
6歳頃にかけて、はえてきます。おおよそ小学生の間に乳歯が永久歯におきかわります。
小学校高学年から中学にかけて、12歳臼歯といわれる7番目の歯がはえて、28本の永久歯がすべて
はえそろうまでを、みていきます。

はえそろっても、しばらくは、幼若永久歯といって、成人と比較して、歯は、まだ本来の硬さになっていません。
そのため、むし歯になりやすいのです。
又、根の方も完全にできあがっていないのがこの時期です。ケガにも注意しましょう。

成人の健康な歯、口になっていくように、お手伝いしていくのが、小児歯科です。


名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでの、 小児歯科治療の3つのはしら。

名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでは、 小児の健康な歯と歯肉を守っています。
感染症であるむし歯、歯肉炎の予防と治療
…例えば、はみがきしているのに、むし歯になっていませんか?
ごいっしょに原因を探していきましょう
名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでは、 小児の健康なお口を守っています。
よりよい唇・舌・顎の発育、筋肉の動きへ
…例えば、指しゃぶり・おしゃぶりで歯並びがおかしくなっていませんか?
原因や、やめる時期・方法を考えていきましょう
名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでは、 小児のよりよい歯並びを守っています。
歯の生える力や顎の成長をいかしながら乳歯から永久歯へのよりよいはえかわりを促して、できるだけ良いかみあわせや歯並びになるようにしていきます。又、それを阻害するような点があれば排除していきます。
…例えば、下の顎の前歯、乳歯が抜ける前にその裏側(後ろ)に永久歯がはえてきたみたい?
ご心配ですね。でも、乳歯の前歯を抜いて、はえてきた永久歯の前歯のスペースを作れば、舌の力で自然に歯の列に入っていく事が多いですよ。この時スペースが足りないなら、お隣の乳歯を少しけずってスペースを作ってあげられるかもしれませんね。必要があれば、時期に応じた矯正治療についてお話します。(当院矯正歯科医と小児歯科医との連携)
ご心配な事がありましたら、矯正歯科医に直接ご相談して頂けます。(無料)
日頃、①②③の3点を基本に、お子様のお口を拝見しています。
又、この時期、思いがけない外傷での来院があります。当院口腔外科担当医と連携して治療にあたります。
より高度な医療機関での診療が必要と思われる場合は、連携病院と連絡をとります。

お子様の歯についての本

お子様の歯の生え方の仕組み

お子様の待合室


名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックの小児歯科治療の特徴

名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでは、 開業当初から小児歯科(こどもの歯科室)を併設してきました。
当院は、1975年の開院時より、小児専用に小児歯科待合室・治療室を併設してきました。
開院当時は、こどものむし歯の洪水といわれた時期なのに、小児歯科をてがける歯科医院も少ないという状況でした。当院は、成人一般の診療ももちろん受けられますので、当時こどもの歯科室にいらしていたお子様がお母様となり、3世代で来院されるご家庭も多いです。
名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでは、 お子様が安心できるように歯科治療をしていきます。
小さいお子様が、笑顔で歯科医院にこられるよう、歯科医、衛生士他スタッフ一同願っています。

そのためには、むし歯にならないよう、フッ素塗布・シーラント(歯の溝をけずらないでうめる)等のケアだけですめば、お子様の負担も少なくて済み、歯科医院に行くのを楽しみにしていただけますね。

まず、お子様が安心して診療を受けて頂けるようにしています。Tell Show Do(TSD法)といって、これからする事をお話して、スタッフがするのをみてもらいます。次に当院では、お子様が実際にクマさんに、してみます。“さあ、今度は、○○ちゃんの番ね”と、はじめてお子様のお口にさわります。

上手にできたらもちろん、もしお母様が期待された程できなくても、“がんばったね!かっこよかった!上手だったね!”と、いっぱいほめてあげましょう。

お子様の様子をみながら、診療をすすめていきますが、お子様が不安を感じているようなら、診療中、お子様と手をつないで、安心させてあげて下さい。

又、安全やできるだけ痛くない治療を心がけています。
むし歯の治療が安全に確実に行えるよう、ラバーダム治療もしています。むし歯のけずりかすや、お水がノドの方へいってむせたり、お薬のまずい味がしたり…という事がありません。

麻酔時には、電動の器具でゆっくり麻酔液を入れる事により、できるだけ痛みを感じないように注意しています。
名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでは、 親子ならんで同時に歯科治療をうけられます。
お父様やお母様も、お子様と同時に並んで診療を受ける事ができます。ファミリー個室になります。“ホラ、お母さんもちゃんと、歯医者さんにみてもらってるよ。○○ちゃんもいっしょだね。”と、お子様と同時体験で、お子様を励ます事もできますね。
お口のチェックとケアは、お子様だけでなくお父様、お母様も大切ですね。
名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックでは、 お子様の歯並びの問題にも矯正歯科医が対応します。
歯並びがご心配という場合、矯正歯科医がご相談をお受けし、必要があれば矯正治療をおこなっています。矯正が必要な場合も、始める時期は、お子様の咬みあわせや、歯並びの問題によって違ってきます。お子様の成長・発育をみながら、矯正歯科医と小児歯科医とが連携して、時期や使用する装置を決めていきます。
小児の矯正装置
もともとあったスペースを保つための装置の例です。
舌や唇等が良い位置や動きになるようにするための装着の例です。歯列は、舌・唇等の力がつりあったところに並びます。悪い力がかからないようにする事により歯列咬合に良い方向付けをしていきます。
上顎前突に用いる場合がある装置です。主に夜眠っている間に使いますので、矯正している事がわかりません。
バネやスクリューで歯を動かして歯並びを良くしていきます。
ブラケットとワイヤーでなおしていく一般的な矯正装置です。
より良い歯並びになるよう、当院小児歯科・矯正歯科医が連携・担当しています。
うまく歯みがきできてるかな?
クマさんに歯みがき。私が先生ヨ。
むし歯さんをやっつけよう!
お子様のお口の中を守るラバーダム。お水がノドにいきません。
痛みが少ない麻酔器具です。
親子ならんで治療が受けられます。奥がお子様用。手前が保護者様用。

今池デンタルクリニックのロゴマーク
歯と歯が手をつないでいます。
その手は、保護者の皆様と当院
その手は、ホームケアとプロフェッショナルケア

色々な意味をこめたマークです。
色々な意味のHand in Hand …二人三脚…協力・連携をあらわしています。
それによって、よく咬める歯に…の願いをこめています。

オリジナル歯みがきカレンダー


名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニック
地下鉄今池駅1番出口スグ上
〒464-0075 名古屋市千種区内山3丁目10-12 今池堂ビル4階
名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックは予約診療制ですので、 お電話にてご予約をお願いします。
052-733-1171
名古屋市 千種区 歯医者 今池デンタルクリニックの診療時間
月・火・水・金
9:00〜13:00/14:30〜19:00
木・土
9:00〜13:00/14:30〜17:30
休診日
日曜・祝日